*

大好きな人との別れは後悔と虚しさが残るばかり

閉じるたび 咤激励 蘇る

突然の別れにまだ気持ちが追いついてこない。
厳しくも優しく温かく見守ってくれていた方との突然の別れに後悔ばかりが襲ってくる。

もっとこうしておきたかった。もっと教えて欲しかった。もっと、もっと。

ずっと見ていてくれることを信じて進んでいくしかないんだろうな。



関連記事

no image

誰かを想像して物を作る事。お父さんが喜ぶと思って

息子からお父さんは、さるだよね。といきなり言われると戸惑う。 父さんは...

記事を読む

【神社界のソフトボール大会に呼んでいただいた】〇〇屋さんと呼ばれないために、顔と名前を覚えてもらう行動

【神社界のソフトボール大会に呼んでいただいた】〇〇屋さんと呼ばれないために、顔と名前を覚えてもらう行動

印刷会社の営業マンとして、たくさんの業界のお客さんに出会い、お仕事の依...

記事を読む

お礼状は郵便はがきで、字がガタガタにならないための工夫とふでペンの効果

お礼状は郵便はがきで、字がガタガタにならないための工夫とふでペンの効果

ご飯を食べに行ったお店やお仕事で知りあった方からお礼状が届くことがあり...

記事を読む

no image

やっぱり猿にはバナナです。素敵な会合。

サルにとってのマストアイテムいただきました! かなり顔が赤いです。 怒...

記事を読む

新着記事

冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。

冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。

わが家では、関東(妻)と関西(僕)の食や言葉の違いで、度々勃発する小競...

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の父はもう一度僕の名前を思い出してくれるのかな。

久しぶりにアルツハイマー型認知症の父が入居している施設に会いに行ってき...

記事を読む

山陽電鉄さんが発行している釣り好きにはたまらない「釣り手帳」。

山陽電鉄さんが発行している釣り好きにはたまらない「釣り手帳」。

小さい頃父親と沖釣りをしていた頃が懐かしい。 山陽電鉄さんが発行してい...

記事を読む

娘ももう三歳。七五三詣りに神戸市兵庫区の三石神社さんに行ってきた

娘ももう三歳。七五三詣りに神戸市兵庫区の三石神社さんに行ってきた

あっという間というか、コミュニケーションがとれるようになるとあっという...

記事を読む


冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。
冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。

わが家では、関東(妻)と関西(僕)の食や言葉の違いで、度々勃発する小競...

no image
アルツハイマー型認知症の父はもう一度僕の名前を思い出してくれるのかな。

久しぶりにアルツハイマー型認知症の父が入居している施設に会いに行ってき...

大好きな人との別れは後悔と虚しさが残るばかり
大好きな人との別れは後悔と虚しさが残るばかり

閉じるたび 咤激励 蘇る 突然の別れにまだ気持ちが追いついてこない。 ...

山陽電鉄さんが発行している釣り好きにはたまらない「釣り手帳」。
山陽電鉄さんが発行している釣り好きにはたまらない「釣り手帳」。

小さい頃父親と沖釣りをしていた頃が懐かしい。 山陽電鉄さんが発行してい...

娘ももう三歳。七五三詣りに神戸市兵庫区の三石神社さんに行ってきた
娘ももう三歳。七五三詣りに神戸市兵庫区の三石神社さんに行ってきた

あっという間というか、コミュニケーションがとれるようになるとあっという...

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031



PAGE TOP ↑