*

脳室周囲白質軟化症(PVL)の息子が川柳に挑戦したお話。リズムで覚える日本語の美しさ

毎月一度行なわれている「ふあうすと川柳社」さん主催の句会に脳室周囲白質軟化症(PVL)の息子が参加したいというので連れていくことになりました。

何度か息子に声を掛けていましたが、断られていたので急にどうしてという気持ちが・・・
それでも、川柳を学ぶことでリズムで言葉を覚えてほしい、たくさんの川柳家の方々の句を聞きながら美しい日本語に触れてほしいと思っていたので嬉しいですね。

句会に連れて行く条件として、自分でも句を作るようにと息子にお願いしました。
3句作るのが精一杯でしたが、楽しそうに作っているのを見ると親として嬉しいものです。

初句会は、緊張と嬉しさと

脳室周囲白質軟化症という病気は、運動神経に問題が生じることと年齢も実年齢よりも低い認定を受けることがあります。
息子は、7歳ですが、認定結果では、5歳程度の知能ということ言われています。

それでも、コミュニケーションを取れているだけマシなのかもしれないですね。2歳遅れている分を何とか取り戻してあげたいと思って川柳句会に参加させようとしていたので、今回参加してくれたことで日本語をリズムで覚えて想像力を付けてもらえたらと高望みしておりました。

句会会場に着いたら、緊張で顔がこわばっていたので、少し心配になりましたが、参加者の皆さんが優しいお言葉をかけてくださるのでリラックスできるようになったみたいです。

さすがに選ばれないと思っていたのですが、選者の方が優しいのでしょうね。息子の句を二句選んで頂く事が出来ました。大きな声で自分の名前を呼名しているのをみて川柳家気取りか!!とツッコミました。
自分の句を記憶していたことについては、感心しております。僕はiPhoneで自分の句をメモしているのに。。。

選ばれた句は、
題「怖い」
いうことをきかずにちちにおこられる

題「雑詠」
あるきたいだからリハビリがんばるよ

2句選んでいただけたことで、11月の句会にも参加したいと言ってくれるようになりました。
句会で親切にしていただいた方々と選者の方々に感謝です。

脳室周囲白質軟化症という病気でも、英語教育のようにリスニングを続けることで英語が上達するということがあるように、シャワーのように日本語を浴びて、想像を掻き立てる川柳という文学に触れることで言葉の使い方や想像力を養ってもらえると思うので、これからも句会に参加したいという息子の気持ちが変わらない間は、一緒に句会に参加させていただこうと考えています。



関連記事

大好きな人との別れは後悔と虚しさが残るばかり

大好きな人との別れは後悔と虚しさが残るばかり

閉じるたび 咤激励 蘇る 突然の別れにまだ気持ちが追いついてこない。 ...

記事を読む

no image

表現力と日本語の美しさを川柳から学ぶ、脳室周囲白質軟化症(PVL)の息子の挑戦

毎月一度行なわれている「ふあうすと川柳社」さん主催の句会に脳室周囲白質...

記事を読む

no image

川柳で言葉と表現を学んでいる営業マンに結果がついてきた

川柳をはじめて5年くらいになります。川柳をはじめたきっかけは、印刷をさ...

記事を読む

no image

【川柳・言葉の勉強】句会で選ばれる喜びがモチベーションに

2015年6月13日の句会は、自分自身びっくりなくらい句を選んでいただ...

記事を読む

新着記事

no image

子午線のまち明石から届けられるお店が、昼ごはん、晩ごはんの強力な味方。

営業をしているとお昼ごはんや晩ごはんを何にしようか考えてしまうけど、僕...

記事を読む

我が家の末っ子にも将来記録更新が待っているのか?「孝」が「考」になってハガキが届く?

我が家の末っ子にも将来記録更新が待っているのか?「孝」が「考」になってハガキが届く?

我が家の末っ子の名前は、僕の勤める会社「前川企画印刷」の代表から一字い...

記事を読む

no image

2018年は年間500キロを目標に体幹と筋力と持久力を。

車椅子の息子も今年で11歳。体重も30キロ近くなってきて階段の上げ下げ...

記事を読む

もう一歳。子どもの成長が早いのか、30代半ばのオヤジの一年が早いのか。

もう一歳。子どもの成長が早いのか、30代半ばのオヤジの一年が早いのか。

一年ってあっという間に過ぎていきますね。我が家の末っ子もこの前生まれた...

記事を読む

冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。

冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。

わが家では、関東(妻)と関西(僕)の食や言葉の違いで、度々勃発する小競...

記事を読む


no image
子午線のまち明石から届けられるお店が、昼ごはん、晩ごはんの強力な味方。

営業をしているとお昼ごはんや晩ごはんを何にしようか考えてしまうけど、僕...

我が家の末っ子にも将来記録更新が待っているのか?「孝」が「考」になってハガキが届く?
我が家の末っ子にも将来記録更新が待っているのか?「孝」が「考」になってハガキが届く?

我が家の末っ子の名前は、僕の勤める会社「前川企画印刷」の代表から一字い...

no image
2018年は年間500キロを目標に体幹と筋力と持久力を。

車椅子の息子も今年で11歳。体重も30キロ近くなってきて階段の上げ下げ...

もう一歳。子どもの成長が早いのか、30代半ばのオヤジの一年が早いのか。
もう一歳。子どもの成長が早いのか、30代半ばのオヤジの一年が早いのか。

一年ってあっという間に過ぎていきますね。我が家の末っ子もこの前生まれた...

冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。
冬の定番「おでん」の具で勃発する関東妻と関西夫の主張。ようやく聞き入れられた夫の主張。

わが家では、関東(妻)と関西(僕)の食や言葉の違いで、度々勃発する小競...

→もっと見る

  • 2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  



PAGE TOP ↑